リース中に故障した場合

電話と携帯

コピー機も最近ではリースで利用している企業が多いです。多くの場合には、コピー機のリース料の中に保守料も含まれたりしており、故障で修理が必要になっても、改めて修理代としての支出は必要になることは滅多にないです。月々のコピー機のリース料の中に、そのようなトラブル対応費用も含まれています。 またリースを利用していると、もしそのコピー機に修理が必要になるトラブルが発生して、その修理に日数がかかりそうな場合には、代替機として別の同タイプの機種と一時的に交換してくれることもあります。 最近のコピー機は複合機として、多くの使い方がされており、企業にとっても使用できなくなることが業務に支障がでるために、その際の対応を考えた場合にも、リース機を利用するのが得策と言えます。

コピー機が何らかの故障特に紙詰まり等で故障した際には、使用していた人がメンテナンスを行って使用可能な状況にするケースもありますが、使用していた人では修理が難しい場合も出て来ます。 そうした際には、そのコピー機をレンタルしている場合には、レンタル元の業者に依頼して見に来てもらう必要が出て来ます。また、コピー機を購入している場合には、購入時に保証期間が設けられているのが一般的ですので、その保証期間内であれば対応を無料であったりあるいは格安での修理費用で対応してもらえる場合もあるでしょう。 コピー機の修理は一般的に業務が止まってしまうことになるため、何よりも優先して修理してもらう必要がありますので、迅速な対応を業者に依頼することも重要です。